ブログ

2020.07.12

眉下切開症例解説

施術前:まぶたのたるみによりもともとの二重が覆い隠されています。おでこに力を入れて眉毛を吊り上げることによって、その皮膚が覆いかぶさってしまい前が見えにくくなってしまう(たるみが黒目にかぶさる)のを無意識に防いでいるのですが、それでも足りずに二重の幅が狭く見えています。

そこで、まぶたのたるみを取り除く傷が目立たない方法として眉下切開をご提案しました。

施術後:目と眉毛の距離にまずは注目です。だいぶ縮まっているのがわかると思います。眉毛を上げなくてもよくなっています。 また、二重幅もナチュラルに広がっています。傷は眉の下のラインに沿ってできるので、お化粧でカバーしやすい位置になります。むしろ眉毛を描くのが楽になったという方が多いくらいです。

一番上に戻る
インターネット予約お問い合わせ

インターネット予約
Internet

当院ではインターネットから24時間予約をおとりいただけます。
お気軽にご利用ください。

医院情報Clinic information

TEL 026-217-5795
住所 〒380-0825
長野県長野市末広町1360-1
長野スエヒロビル3階
アクセス 長野駅から 徒歩1分
駐車場 長野まちなかパーキング提携 ※会計額により一部駐車料金サービスあり
支払い方法 現金・クレジットカード各種(脱毛、痩身、豊胸、AGA、FAGAではJCB不可)・医療ローン取扱
9:00-18:00